ラーメン通販の福岡うまかバイ

ラーメン通販の連絡先 旅サラダ 新発売ラーメン 今月のオススメラーメン 丸星ラーメン


先週のランキング

支払方法
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク
ご当地グルメの「福岡うまかバイ」にご来店ありがとうございます。

福岡を離れて、懐かしいあのお店の味をご自宅にそのままお届けしたく始めました。

地元の方からは、友達に自慢のお店を紹介できて喜ばれたと、好評です。
どんどんお店を増やしていきますので、よろしくお願いします。

掲載されました

丸星ラーメンの通販を実現させたい!キャンペーン実行中*\(^o^)/*

・椎の実販売

 

ラーメン仙人が作るラーメン(その2)

大陽軒のご主人堤さんは、いろいろなラーメン店で修行していて、いろんな久留米の有名なラーメン店の味を作れるようになったそうです。

久留米のラーメン店は他のラーメン店から味を引き継いで枝分かれしてその店の味を作ったとかいう流れが一般的です。

その事が分かれば分かる程、堤さんは自分が出発点になる独自のラーメンを作りたいと強く思うようになったそうです。

今では憶えている人は多くないかもしれないけど、大陽軒さんは昭和63年に創業して、数年後、先ずは激辛ラーメンでブレークしたんです。

当時はまだ一蘭も会員制をとっていないぐらい、昔の頃の話。

もちろん一味ラーメンも存在しない頃。

でも、唐辛子入りラーメンの元祖と言ってしまえば、その頃から一蘭であることには間違いない。

自分が元祖で独自のラーメンを作り出したいということが夢だった大陽軒のご主人は、行列が出来るほど人気が出てきた激辛ラーメンをやめてしまったそうです。

そして、あえて、豚骨ラーメンを作る時の常識とされていることを全部疑って、一からひとつひとつ研究をしていった結果、骨から出る脂だけのとんこつラーメンを作りだしてしまった。

アルカリラーメンになったのも、旨味を出すために沢山の野菜を使ってスープを取るようにしているうちに、野菜はアルカリ性だから、そうなったんだそうです。

大陽軒のご主人が目指したものは、野菜スープと とんこつスープの融合。

僕自身が食べた感想を言うと、その日の夜とか翌日とか 物凄く元気になるんですよね。

そして、食べて数日すると、もう無性にまた食べたくなる。

いわゆる久留米のラーメンはさすがに食べ慣れている僕が、大陽軒のラーメンを食べた時に「うま!・・・ていうか、なに?この美味さ。どこから来る何の味?」って体験したことない味に戸惑ってしまいましたもん。

例えば、チャーシュー。

久留米のラーメンなら薄くてサラッととしています。

トロトロのチャーシューも関東などで経験があります。

じゃあ、大陽軒は?

肉々しいんです。

噛むと肉の味がジュッと出るんです。

その肉の味がスープににじみ出てきて、スープの味を変化させて行く。

チャーシューが独立してるんだけど、融合している。

こんなの経験ないでしょ。

例えば、久留米のラーメンの特徴とも言える海苔。

大陽軒にものっているんですけど、スープの上にのせたままにしておくと、溶けちゃうんです。

これが、美味い。

その海苔の上にも体験したことのない旨味を出す薬味が乗せてある。

溶けた海苔と、この薬味を少しづつ麺に絡めながら食べる。

美味さが次々と重なっていく感じが、楽しくてしょうがなくなる。

スープ、具材、薬味、全てが未体験の美味しさなんです。

ラーメンのジャンルって言えば、塩とか醤油とか、とんこつとかいろいろ有るとは思うんですけど、なんだか、大陽軒のラーメンは、入れやすいジャンルが無い不思議なラーメンです。

このラーメンをいつかは福岡うまかバイで通販したいな〜って強く思っています。



2011 Copyright © ラーメン通販の「福岡うまかバイ」 All Rights Reserved.
お問合せはこちらから : お店の方へ : サイトマップ
個人情報保護ポリシー  特定商取引に関する法律に基づく表示 : 利用案内 : 会社紹介