ラーメン通販の福岡うまかバイ

ラーメン通販の連絡先 旅サラダ 新発売ラーメン 今月のオススメラーメン 丸星ラーメン


先週のランキング

支払方法
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク
ご当地グルメの「福岡うまかバイ」にご来店ありがとうございます。

福岡を離れて、懐かしいあのお店の味をご自宅にそのままお届けしたく始めました。

地元の方からは、友達に自慢のお店を紹介できて喜ばれたと、好評です。
どんどんお店を増やしていきますので、よろしくお願いします。

掲載されました

丸星ラーメンの通販を実現させたい!キャンペーン実行中*\(^o^)/*
 

 

 

 昭和12年(1937年)

九州とんこつラーメンの元祖でもある、九州初の屋台『南京千両』が誕生
当時、東京や横浜で流行していた「支那そば」を、
横浜南京街(現在の横浜中華街)や、東京の支那そばやで味の秘密を習得。
当時の東京・横浜の支那そばは、鶏ガラだけか、少量の豚骨を加えたスープが多かったが、長崎チャンポンの影響から、豚骨だけでスープを取った。
自家製ちぢれ麺で、短冊切りのチャーシュー、メンマが浮かぶ、醤油味のトンコツスープ。トンコツスープのラーメンという独特のスタイルをつくった。

 昭和22年(1947年)

屋台『三九』が白く濁るとんこつスープを始める
当時は透明なスープで提供していたが、偶然の失敗(誤ってスープを沸騰させたこと)により、白く濁ったスープになった。
ためしに味付けをしてみたら、深みとコクのある味になったのが、とんこつスープの始まりである。久留米ラーメンの特徴である「のり」も『三九』が始まり。

 昭和23年(1948年)
『清陽軒』が開店
『幸陽軒』が開店
この年、長かった麦の統制廃止によって、麺類が自由販売されるようになり、ラーメン店が次々と開店した。

 昭和28年(1953年)

『清陽軒』から独立し、『大砲ラーメン』が開店

 昭和29年(1954年)

『来福軒』が、開店

 昭和32年(1957年)

『ひろせ食堂』が、開店

 昭和33年(1955年)

国道3号線沿いに24時間営業のドライブイン『丸星ラーメン』が開店
トラック便のドライバーにより、久留米のラーメンの評判が広がる。

 昭和40年(1965年)

丸星ラーメンに続く大型ドライブインとして『丸幸ラーメンセンター』が開店
(幸陽軒系)
ラーメン60円、めし20円、100円でお釣りのくる店であった。

 昭和42年(1967年)

『大龍ラーメン』が開店(丸幸ラーメンセンターから独立)

 昭和43年(1968年)

『丸好食堂』が、開店

 昭和60年(1985年)

大龍ラーメンに指導を受けた『久留米ラーメン』が開店

 平成11年(1999年)

久留米がとんこつラーメン発祥の地であることを全国に発信し、元気な町にしていくことを目的に「久留米ラーメンルネッサンス委員会」が発足。
第1回ラーメンフェスタ久留米を開催
『龍の家』が開店(福岡市「一風堂」で修行)

 平成16年(2004年)

「国民文化祭ラーメンフェスティバル」(第6回ラーメンフェスタin久留米)を開催

 平成22年(2009年)

久留米飲食業組合に「久留米ラーメン会」が発足(「来福軒」「南京千両」「ひろせ食堂」「清陽軒」)
九州B−1グランプリに参加し、久留米ラーメンは堂々の3位を獲得

 

 

※取材していく過程で、随時更新、書き換えをしていく予定です。


2011 Copyright © ラーメン通販の「福岡うまかバイ」 All Rights Reserved.
お問合せはこちらから : お店の方へ : サイトマップ
個人情報保護ポリシー  特定商取引に関する法律に基づく表示 : 利用案内 : 会社紹介